スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河のほとり 

6月12日。福島県須賀川の銀河のほとりへ。
昼に訪ねただごの家の家族が、アフリカ音楽を聴きにでかけるという流れに乗って、訪ねました。いつか行ける気がしてたんだぁ!まさか急にいけるとは☆

百姓のオカアチャンが始めたという、銀河のほとり。イベント、上映会、自然食、祭り、整体。。。いろんな人が集う場所のようです。
アフリカのある集落に住み込んで、かつて女性には伝えてこなかった音楽を初めて伝授された日本人の女性。その女性と踊る仲間たちが集まってました♪

リハーサルで引っ張られて一緒に踊ったよ。手を鳴らして、足を踏み込んで♪
踊り手達はとってもきらきらして、いいリズム。

本番までは滞在できなかったけど、歓迎してもらい、ともちゃんにも再開して手作りバナナケーキまでいただきました。
ありかとう。またの日まで☆

だごの家 

20090630105124.jpg

今朝は京都の綾部は山に霧がかかって幻想的でした。美しい景色にうっとりしつつ、私を見送ってくれたファミリーと別れを惜しみつつ、今は電車で岡山県の百姓屋敷わらに向かってます。ガタンゴトン♪

日記は6月12日のこと。福島県で畳で作った家で暮らす家族を訪ねました。
もったいない、ありがたいの温かいこころの伝わってくるほんわか家族。
自家製みそ、醤油、梅干、石臼引ききな粉、石臼引き玄米粉、土鍋と薪で炊いた煮物やパンなどをご馳走していただきました。ほんとーにおいしくって、種から育てた愛のあるものばかりをいただいて、ありがたかったです。

井戸水をくみ、洗い物をした水も流しの下のバケツにたまったら自然に返す。
お客様トイレは、大、小用のポリバケツを置いて壁にかかってる便座の輪っかをおろします。
エコスポンジは小指ほどになったものもつかっていて、何ともないように「まだ使えるから。使えなくなる時がくるまで」って、みどりさん。
エコスポンジを使うことがエコなのではなくて、この心が豊かさにつながるんだなぁって、感心してため息がでました。

あまりに質素で美しい人たち。パパのつくったカリンバでの演奏も素敵。よく日に焼けた麦くんも、一ヶ月のベイビーも、とてもかわいかったです。
ファミリーは、郡山の銀河のほとりに出かけるというので、私もついていかせてもらいました☆

たけのこ&;おかぼ 

20090619062732
20090619062729
今朝、歩いていたら、たけのこが板を押し上げているのをみました。
強いなぁ!

今から奈良県明日香村の自然農をしてる、かずくん&じゅんちゃんたちの畑でおかぼ(陸稲)の田植えです。畑だから田植えとはいわんか!?
雨が少なくて心配してたけど、今朝は朝露があって、ちょっとほっとすり私たちです。

明日香村までの経過は、またアップします☆

なないろの空~地球家族のように 

20090618223005
20090618223000
なないろの空ウーファーが増えました。。
夕食はウーファーが交代でつくります。この日は、アメリカからきている夫婦のジェーンとコートニーが、ご飯を作ってくれました。
ナスタチュームの花がお庭みたいなサラダ。
豆腐のサイコロ揚げを柚子ポン酢。
春一番のブロッコリーとカリフラワーのタヒニとシード和え。
初めて食べたのは、ミントの天ぷら!使い道の限られるミントのおいしいいただきかた教えてくれてありがとう。ミントの独特の香りが天ぷらとなるとシソのような感じでいい感じ!みなさんのお庭でもやってみて☆

ジェーンはカリフォルニアのバイオダイナミック農法の農園で働き、シュタイナーの先生やパーマカルチャーの先生もしている。いつか彼らのつくるコミュニティに行きたいな。

おいしかったよ!
毎日、目の前の畑からの恵みをいただくのはおいしいし、安心。思う以上にからだで感じる。

それから、小笠原諸島父島からきているファミリー。実は私がシャロムにいたときに私の朝のエコツアー聞いてたんだって!私も覚えてましたよ♪ここで再会。ももちゃんに教えてもらって、みーんなでよもぎの草木染めをしました。ありがとう。

研修生のいけちゃんもいます。田で力を出す男です。30までにやりたいことをすべてやったと言い切れるひと。

こんなメンバーで、大家族のよう。11日のかっちゃんのBirthdayにむけて、密かにプロジェクト進行中。

なないろの空 

なないろの空 へきています。
名前の由来は、朝日が昇る前と日が沈んだ後にみえるなないろの空。

ここは空が近い。ここに来た日の初めての朝、目が覚めて障子の向こうにある空を布団に寝たまま眺めた。七色の空だった。きれいだった。




19日は、畑を作りました。畝は牧草の根っこを取ってつくりました。周りにはバークという杉の皮をたくさん敷いて、道をつくりました。パーマネントといって、今後は耕さずに使ってい畑にしました。

20日は、そこに種をまきました。この場所で、これからずっとずっと種をまいて、私たちの命になっていくものがここで育っていく。そう思うと、なんだかとってもわくわくします。

21日は、田植えをしました。裸足になって、田んぼの中へ。イチョウのような水苔や、あめんぼ、みずすまし、かえる、どじょう、青いのや水玉のいろんなトンボ・・・いろんな生き物たちがいます。
田に、苗がうえられ、人が歩き、そこの生き物たちの住処が動かされたりしていく。そして、また少し変化したその環境に新しい生き物たちがやってくる。

そうやって、私たちの営みが生き物たちとつながっていくんだな。
この苗が秋には黄金色になって、命の糧になる。田植えをできて、とてもとてもありがたい。

正木たかしさんの「木を植えましょう」を読んでいる。

木を植えたらすべての生き物が喜ぶでしょう。

とあった。

私の営みで、みんなが喜びますように。





23日田植えをしました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。