スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころの なかに あるもの 

ちょっとわすれかけて いたもの

わたしのなかの どこかに眠っていたものが でてきてくれた


ほうっておいたみたいだね ごめんね

ありがとう ありがとう でてきてくれてありがとう

わたしが気がつくまで まっていてくれて ありがとう


そのとき なみだが こみ上げてきて えんえん ないた

じぶんで じぶんを抱きしめるように そのとき出てきてくれたものを うけとめた



おとうさん、 おかあさんを えらんでくれて ありがとう

おかあさん、 おとおさんを えらんでくれて ありがとう

そして おなかをいためて いのちかけて うんでくれた

ともみ っていう なまえ をつけてくれた

それから わたしは たくさんのたくさんの人たちに なまえを よんでもらった

ともみ。。。

とも。。。とも。。。

いままで よんでくれた人たちの たくさんの愛に ふれてきた

たくさんの愛をもらってきた


わたしが生まれた時には 親戚中の人が集まってくれて わたしにきれいな着物を着せてくれて

みんなが だっこしてくれた

なんだか そのときの みんなの笑顔を おもいだせる


ときには 人の声に 反発したりもした

わたしの言葉で 誰かのこころに トゲをのこした

じぶんを守るためだったかもしれない  ふりむいてもらうためだったかもしれない よくわからない

きいてくれた

そのときは こころのとげは残る って気がつかなかった

たくさんの 愛をくれたひとなのに ごめんなさいがいえなかった

いまになって 気がつくなんて

ごめんなさい 



それを思い出したとき なみだが とまらなかった

でも そのまんまのわたしを うけとめられた

そして つきあかりも そのまんまのわたしを てらしてくれた

だいじょうぶ ということばが でてきた



わたしが こころからのぞんでいること

わたしにふれたひとが えがおになる

わたしのことばにふれたひとが えがおになる

ありのままのわたしを 愛している

ありのままのあなたを うけいれる 

あるのままのあなたを 愛している


ありがとう






 
 



スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/81-45e32283

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。