スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石森山の石森さん 

20091012204113.jpg
今日は秋晴れ。雲が龍のように立ち上っていたのが印象的絵文字名を入力してください

以前、パンゲア仙台のオーガニックナイトでお話しくださった石森さんのところへ、両親も一緒にでかけてきました。

石森さんは、若い頃海外支援をし、その後仙台に戻り、山を開墾して農業を初め、四半世紀を迎えた。

彼の話しに触れる度に、なんだか心がキュンとなって、惹かれていきます。共鳴するように。。。最近会ったばかりなのにいろんなところで繋がっているし。

彼の畑はとってもやさしい感じがしました。空がパァッと広がって、トンボがいっぱいで、畑はきれいなきみどり色。畑も空も向こうの山も、みんなひとつのように光かがやいてみえました♪

~彼の言葉でのこっていること~
・こどもをみずからとりあげたこと

・開墾して山を開くことに、胸が痛んだということ

・仙台で農業するのに、他の国の友達やもっと多くの生き物への愛がベースになっていること


とっても素直で、夢をとってもシンプルに実践されている少年のような姿(私が言っては失礼ですが)の彼に、今日はほっこりさせていただきましたムフフ


一緒にいって、草むしりをしながらおしゃべりを楽しんでくれた私の両親にも、ありがとう。


最後に山を歩きながら採ったたくさんのきのこ(あかふしたけ)をわけていただいたので、明日はきのこ汁です☆

20091012204116.jpg
今、ふと、大きなもみの木がすてきで、またもみの木にも会いに行きたいなぁと思いました。

私は、こころ自由であり続けることのできる百姓の生き方を尊敬しています。いつかそうありたい。



光輝く山の雰囲気、届きましたでしょうか?
peace of I.ハート

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/69-5b9adf7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。