スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和みのヨーガ」インストラクターになりました。 

心と体を癒す知恵がいっぱいの手当て法「和みのヨーガ」のインストラクターになりました。



あなたにとっての「和みのヨーガ」って何ですか?

とインストラクターをされている方にきかれて、ちょっと整理してみたので、今思うことを書いてみようと思います。

くり抜きハート1


小さい頃から、あったかい手で包まれることが好きでした。

高校生の頃心も体も落ち込んでいたとき、大丈夫だよって言ってくれたおばあちゃんの手がとても温かかったこと。そんな記憶と、人が好き、生き物が好きということがつながり、小児科、手術室で看護師をしていました[m:176]

人の生まれる瞬間、家族の成長、喜び、悲しみ、恐怖、時間の流れ、心を通わせるということ…人生の中でも一大イベントを迎えようとしている人たち。そういう人に出会ったことは大切な宝物です。手術室での命の営みを、見て、聞いて、触れて、間近で感じた日々も、すべてあっての今です。


しかし、看護師の仕事をしていて、今思えば風邪も引けないくらいコチコチになっていました。
身近な職場の人が心の病にもなっていくハードワーク。

私も、仕事に適応しているものの、イライラ、頭痛(気がついていなかった)、肌のあれ、便秘、過食、むくみ、寝ても疲れが取れない・・・
と心身は気づかぬうちに、本来の命の力を弱めていました。

まわりには、普通に暮らしているのに病気になっていく家族、心の問題や自殺が増える社会、たくさんのニュースや世界中で絶えない争い… 


その頃から、暮らしに近いことから、みんなの幸せになることはできないかな?真理って、根底にあるものはなんだろうな?と思い始め、

自然食、自然療法、ミケランジェロ先生から学ぶ哲学の実践、ヨーガ、整体、瞑想・・・いろんなことをしてきました。


農家を手伝ったり、旅をしたり、家族の元で暮らしたり、たくさんのたくさんのご縁の中で、和みのヨーガと出会いました。

初めて和みのヨーガをしたとき、これまでいろんなことをやっても硬かった体と心がとってもゆったりして、とっても簡単で子どもも大人もおばあちゃんもみんなでできるから、これって広がてほしいなぁ。と感じて、その日から、インストラクターになることを描きました。

それと共に、ひとりひとりの命を輝かせ、家族、地域、この星を輝かせてくれるとイメージし、この輪(和)を広めていきたいと思い、インストラクターになることを描きました。


続けていくと、自分の体と心が調和してきて、家では家族との仲が穏やかで心地のよいものになり、旅先では仲良くなるコミュニケーションにもなっていきました。


ゆっくりゆっくりと体の感覚に意識を向けてみれば、感じることさえできれば、

生き方も体のバランスも、自然と調和をとるように動いてくるのだなぁと思います。



「私にとっての和みのヨーガ」と聞かれた、お返事ですね。


和みのヨーガは、

心と体を癒す知恵がいっぱいの「心身のもとある命の力に回復するための一つのツール」

と思っています。

そして、「出会い、つながり、和となる時と空間」  

     「本来の自分になる道」とも思います。



それから、

「みんなが共に本来の自分自身に気が付いていき、自然・宇宙と調和していくためのツール」

として、和みのヨーガを通して皆様と出会っていけたらいいなぁとおもっています。

高木義之さんの言葉を借りるならば、”タイタニックにのっている演奏家が健康でも、その船が沈んだら、助からない”のですから、やっぱり私たちの乗る地球の命は大切!

それは、私が自然の中、田畑や山で感じた感覚、瞑想や一ヶ月の歩いた日々から得た感覚から、実感しています。

歩きやすいかどうかは、生きやすいかどうか、命を輝かせるものかどうかということにつながると思うのです。

私たちも自然の一部と、ふと気がつきました。歩いてみるとそこに太陽や土、水、植物、食べ物、美しい虹、楽しいおしゃべり、笑顔など、私たちの命の力になるものは、すべてありました。

けど、命の力を小さくする、アスファルト、排気ガス、原発(本当にこの近くで、毎日気持ちよくする昼寝をしたら、この日は体が重くなる人が多かったです。奇形の桜がたくさんありました。)などが気がつかないうちに、増えている(人が増やしている)のを歩いて感じます。

ひとりひとりが感覚をとり戻せば、ありふれた難しい情報がなくても、ただ自然と調和する生き方で、今を生きるということが選択できると思うのです。それが気持ちがいいという感覚で!
地球が一つの命なら、その細胞のひとつひとつである私たちの命が輝くって、とっても大切だと思います。手術室にいたから実感~

出会った日に感じたように、

和みのヨーガを通して、ひとりひとりの命が輝やき、家族、地域、この星を輝くように、みなさまと一緒に和んでいきたいと思っています。

これから、インストラクターとして、日々何を感じていけるか、丁寧に丁寧に自分の感覚を大切にして、皆様と自然とつながっていきたいと思います。

読んでくださってありがとう。

ご縁を頂いた感謝をこめてくり抜きハート1

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/56-113d6da3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。