スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーグルちゃん 

20090617092125
20090617092123
福島市のしのちゃん宅にいって、ベーグルの作り方を教わりました。

(一次発酵まで)レーズン酵母、国産小麦、全粒粉、天然塩、水から生地をつくり、しばらくおやすみなさい
(成型と二次発酵)生地を約90gに分割し、ベーグルのかたちにして、ちょっと弾力が出るまでおやすみ
(ベーグルちゃんになるとき)
ゆらゆらするくらいの温度のお湯で表裏を15秒位ずつゆでる。一気に発酵が加速するので、ゆですぎないように。
すぐに熱したオーブンで焼く。ここがポイントで、すぐに焼かないと過発酵で膨らまないんだって☆

2さい、5さいの子どもたちも作りました。とっても可愛くて、個性豊かなベーちゃんたちです。

さて、なないろの空に戻りパン教室から持ち帰った生地でベーグルちゃんをつくりました。

びっくり!
しのちゃん先生のは噛みきれんほどのもっちりつやつやベーグル。
なないろの空のかっちゃんのは、カリッと焼き上がった形も締まった焼き色のいい子たち。
私のは、白くてふんわりのやさしいベーちゃん。
作った人の今の状況でてるでてる!

同じ生地からつくったのに、まぁかわいい子たちが生まれました。

☆材料やミネラル、湿度や気温、月の引力などの外からの力
☆酵母ちゃんがもともと持つ生命力
☆こねたり、思いを込めたりする人の力

生まれてきたいろんなベーグルちゃんをみて、

自然の恵みあり、人の力ではできない命あり、自分を映し出すものありを感じます

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/46-c1cd9800

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。