スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県会津高原 

1月にいってきました、会津高原にある自然食の宿。夏は尾瀬に行く人も通るだろう場所。

R0013909_convert_20090224133854.jpg
この景色、どんな印象?
白にも見える、虹色にもみえるかな。

こどもにはどんな風にみえるかな?
冒険?ファンタージェン?自分の場所?贈り物?

R0013960_convert_20090224134504.jpg
5尺位つもった雪に、「トンネルつくったよ~」って!
ほんとはね、鎌倉とかトンネル作ったことなくって、最初は掘っても掘っても上の雪が落ちてきちゃったんだ。やってるうちに、かためてみたり、掘る方向を変えてみたり、だんだんできるようになったんだよ。よくやったね!

R0013964_convert_20090224134611.jpg
「いくよ~」
つくった滑り台どうかな?風を感じて、私も滑った♪どっちにいくか滑ってみないと分からない!

晴れた昼間は、この季節の自然からの贈り物をちょっとかりて遊ぶこともある。
こんな時は、みんなが子どものように帰った気持ちになって、ほっとしたり、安心したりする。母のような優しさを感じる。

天気が変わってくると、
もくもく、しんしん、ずんずん・・・
R0013824_convert_20090224141053.jpg
自然の渦は、時には方位磁石をもくるわせるらしい。

一昔前、田舎は仕事がないと田を分けて、人はお金と楽のある都会へ出ていった。
今、都会は命がない、田舎はゆったりしていて暮らしやすそうだ、疲れた体を癒したいと、都会の人が田舎やリゾートを求める。

暮らしやすさを求める人の心は、どこへ行く?
R0013948_convert_20090224140431.jpg
きらきら、きらきら。昼間に吹いた風が、雪に陵をつくって、光の砂漠にいるみたい。
春になったら、この下から、たんぽぽとか、ふきのとうとか、名前のないものも虫たちも顔をだすのかな。春を待つものたちの、おうちだ。

R0013945_convert_20090224134159.jpg
山の中、こんなに星がいっぱい見えた。いつもそこにあって、見えなかったもの。オリオン座も星のひとつになっている。

R0013906_convert_20090224140104.jpg
満月の夜。


こんな場所に立って、光を感じて、風を感じていると、気にかかっていたことも、嬉しくて浮かれていた気持ちも、ぜんぶ包まれるような感じになった。

自然を人の暮らしやすさや、楽しみのためや、都合のいいように変えてきて、地球の歴史から見ればほんのわずかな時間で、自然は変わってきた。
今、環境問題を考えての動きや持続可能性のある文化を求める動きが増えてきている。そういうことが大切と思う人が増えてきたんだね。私もそういう流れに引っ掛かったひとり!?(そう思わなければいけないほど、変わってしまったということか。)

その動きが人が生きていくための自然保護、自然回帰であり、経済に乗ったものであって、結局何か人の都合のいいように自然をデザインしたりコントロールしようとするものがたくさんあると思う。

私も時に、これがおいしい、あそこの場所がいいと、浮かれたり、沈んだりしてる。

自然を愛し、自然からも愛されるような存在の仕方ってどんな風なんだろう。どうおもいますか???

今は今できることを。都会の暮らしも田舎の暮らしも、社会もありのままに感じて、自分の心も素直に受け止めてみよう。
自然からも愛される方法はきっと、自然をどうにかしようと思うのではなくて、自然を愛し、自然と一緒になって向き合って、それぞれが感じられるようなならないと分からないよね。自然そのままを感じられる時間を大切にしよう。
人から愛される方法も一緒?簡単ではないね。でもきっとシンプルなこと。

すべての命と必要なものを与えてくれている自然を愛せるようになろう。

優しさも厳しさも、生まれてくることも消えてゆくことも、明るさも暗さも。。。

長くなってごめんなさい。読んでくださって、ありがとうございます。

最後にこんな言葉。

ナウシカは「腐海の森」で毒の胞子を吐く植物を持ち帰り、自分の場所で育てました。それは毒がなかった。
「汚れているのは土なのよ!」
大地が綺麗なら毒など出さない・・・

ラピュタでは シータがいっていました。
「土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう。 どんなに恐ろしい武器を持っても、・・・土から離れては生きられないのよ!」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/31-f095356b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。