スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊芋の輪―追記 

今年は祖母の畑で、キク芋をつくりました。

おひさまを浴びて、大きく育ち、黄色い花が咲き、11月より今もまだ収穫しています。

その生命力、目を見張ります。
一粒から、四方八方にぐんぐん根を張り、いっぱい収穫できました。

そうして、とれた菊芋は、いろんな方にお分けする事ができました。
近所の人も、食べた事のないキク芋を料理しては
「おいしかった~」
「うちではこんなの作った~」
「煮物が砂糖なくっても甘かった」

と集まってきてくれて、作った祖母も嬉しそう。大地とおひさまと土にも感謝、感謝☆

私のほうも、たのしく料理をしたり、知人の料理教室で使ってもらってキク芋を紹介する事ができたり、思いをつなぐやおやさんとキク芋を通してつながりができたり、自然食の宿での料理に使ってもらったり・・・

いっぱいあるキク芋を目の前に、家族でもいろいろ献立を考えます♪
・味噌漬け、梅酢漬け、三五八漬け
・きんぴら、ネパール風炒め、ハーブソテー
・筑前煮、シチュー、カレー(といってもホワイトソースも、スパイスも自分でアレンジ♪カレーは楽しい)
・サラダ

煮物は、砂糖がないのにびっくりの甘さです。
たまに店頭でも見かけるようになりました。まだ慣れなくて調理法に困る方が多いみたいですが、健康のために興味を持つ方も増えてきている感じです。

おいしいものを通して、体が元気になるのを感じられます☆


Wikipediaより



キクイモ(菊芋、英Jerusalem artichoke、girasole、学名Helianthus tuberosus)は、 キク科ヒマワリ属の多年草。別名はアメリカいも、ぶたいも。

草丈1.5~3mと大きくなり、菊あるいはヒマワリに似た黄色い花を9-10月につけ、 10月末に地中に塊茎を作る。茎や葉に小さな刺がある。

原産は北アメリカ北部から北東部。日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来した。 栽培されているもの以外に、第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもある。 塊茎を食用や飼料にするほか、果糖の原料とされる。牛乳で煮たり、バター焼き、フライ、スープ、味噌漬け、煮物などにして食べる。

主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンで、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれる。 通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれない。

イヌリンは消化によってキクイモオリゴ糖(イヌロオリゴ糖)となるため、健康食品として顆粒やお茶として加工され市販されている。



            

  菊芋100g中の成分   (参考資料 日本食品標準成分表)
          
エネルギー  35㌍   ナトリウム 2mg     ビタミンB1 0.07mg
水分  81.2 g       カリウム 630mg     ビタミンB2 0.05mg
たんぱく質    1.9g   カルシウム 13mg    ナイアシン 1.7mg
脂質    0.2g      マグネシウム 13mg   ビタミンB6 0.05mg
炭水化物   12.9g    リン 55mg         ビタミンC 12mg
イヌリン   2.2g     鉄 0.2mg
灰分 1.6g 亜鉛 0.3mg
マンガン 0.05mg

上記以外  酵素(イヌラーゼ・プロティナーゼ・インベルターゼ)等
        必須アミノ酸(ロイジン・リジン・フェニルアラニン・ヒスチジン・メチオニン)等
        サポニン等

イヌリン含有量が最も多いのが菊芋なようです。







そうそう、菊芋の進化的利用法!

福島の宿、タンボロッジにて実験をしました。記録を残しておきましょう♪

①キク芋を外に並べ、放射冷却で一晩凍らせる
 (冷凍庫でもOK)
②凍った芋を溶かす。

それだけです。後は、そのまま食べても、料理してもよいよい。

菊芋の甘さが、ぎゅっと凝縮してさらに甘くなりました。

実験後、食べたのは生と天ぷら。どちらも、凍らせない物より、味に深みが出て甘かったです。

この甘さは、甘味としてもよさそうな印象。
乾燥させてパウダー化したものは、利用しやすそうですね。

日本の甘味は「干し柿の甘さを超えてはいけない」と昔から言われています。きっとそれは、体と心の健康からみても、理にかなっていることだと思います。
(西洋のケーキはそれを超えていますね~。私も昔は、ストレスがあるとそこに走っていた!?)

菊芋野甘さは

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

素敵なブログですね。

うちも友人からキクイモをいただきます。

うちでは、揚げてチップスにしても食べます。

美味しいのでぜひやってみてください。

あっ!チップス!12月の自然農学習会の打ち上げで、作ったやつですよ~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/30-c0149da4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。