スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013アミ・ドゥ・バレエ特別公演&合同発表会のお知らせ 

2013アミ・ドゥ・バレエ特別公演&合同発表会のお知らせ
ce23c429dfc39e0847de431cbd8da9c9.jpg


私も親しんでいるわの舞の千賀一生さん監修『天の渦』、愛をもって平和をきづく『ロミオとジュリエット』など趣の違う三作品のバレエ講演があります!

作品を演じるお一人がチケットとともにお手紙を送ってくれました。
800年前にヨーロッパのユダヤ人たちによって、バレエの起源となる舞踏がつくられたそうです。そして新たな文明がまた800年のときを刻み始めたこの大きな節目の時期にわの舞が創始された。文明の節目には新しい舞踏が世界各地でうまれるそうです。

バレエ(極限まで洗練されたみせる美しさ)と、わの舞(みせる美しさではなく、神聖な空間を生み出す美しさ)という対極的な舞踏が出会ったのが「天の渦」という第一部の和物作品・・・
とのこと。

バレエ音楽の専門集団「ウィングフィルハーモニー」の約70名のプロが結集しての演奏、和の音楽担当の「URANUS」二十五弦筝と尺八の演奏を聴けるというだけでも、魂が踊りそうです♪

このような講演が東京ではなく、135度地であり、1995年に阪神・淡路大震災のあった兵庫県で行われるということにも何かを感じます。

チケットは毎年早くから満席になるとうわさは聴きますが、ご案内載せておきます。


以下転載いたします。



4月13日(土)兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホールにてAmis de Ballet(アミ・ドゥ・バレエ)特別公演・合同発表会が開催されます。和物新作『天の渦』、『オーロラの結婚』、『ロミオとジュリエット(全二幕)』の三作品が上演されます。


【アミ・ドゥ・バレエ代表 天野 祐里さんからのご挨拶】
「愛をもって平和をきづく」。本公演『ロミオとジュリエット』のテーマです。死というかたちでしか結ばれなかった一見悲劇にしかみえない二人の愛が、何世紀にもわたり人々の心に憧れとして生き続けるのは、永遠に続く魂の愛の素晴らしさを人々が心の深い部分で覚えているからのように感じてなりません。

愛と統合の時代の幕開けともいわれる今日、新しい時代を築きあげていくのは、ひとり一人が自分の中にある愛と平和に気付くことによりもたらされ、それは歓喜の中にうまれゆくのではないでしょうか。

待望の和物新作が完成いたしました。本当に大切なものはいつも目には見えません。『天の渦』では、神さまの存在のありがたさ、いのちの輝き、自然の美しさ、そしてあたりまえのことへの感謝の心を作品に込めました。二十五弦筝・尺八等の音色と共にわの世界をお楽しみいただきたいと思います。

趣の違う三作品を通じて、皆様それぞれの心に大切な“きづき”をもたらす舞台になることを願い、幕を上げたいと思います。

【公演名】 『2013 Amis de Ballet Concert 』&『特別公演 ROMEO&JULIET』

【場 所】 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

【アクセス】・ 阪急電鉄神戸線「西宮北口」より南へ徒歩2分
      ・ JR「西宮」より北東へ徒歩15分
(バスご利用の場合、西宮駅北側ターミナルから、阪急バスにて「西宮北口駅」下車)
詳細は下記のHPをご参照ください。
http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/center/top.html

【日 時】 2013年4月13日(土)
      開場:14:45
      開演:15:30〈第1部〉
      開演:18:00〈第2部〉
      終演予定:20:00

【作 品】 〈第1部〉『2013 Amis de Ballet Concert 』 
       二十五弦筝・尺八・小唄の生演奏 和物新作『天の渦』(わの舞・監修:千賀 一生)
       The Sleeping Beauty 眠れる森の美女より『オーロラの結婚』

      〈第2部〉『2013 Amis de Ballet 特別公演 』
 愛をもって平和をきづく『ロミオとジュリエット(ROMEO&JULIET)』(監修:天野 祐里)

【料 金】 S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円 全席指定

【お申込み】下記のお申込みフォームからお申込みください。
http://www.amis-de-ballet.com/event/20130413.html

支払方法については、フォームへのお申込み頂きましたら振込先をご連絡させて頂きますので、振込をお願い致します。入金確認後、チケットをお送りさせて頂きます。

【画家・石井博子さんの作品展示】
当日、ロビーにおきまして ささやかでございますが 石井博子 「瀬織津姫」「あめのうずめ」など大作(130号)が 皆様のご来場をお待ちいたします。

【『天の渦』わの舞監修・千賀一生さんからのご挨拶】
 豊かな四季に恵まれた私たち日本人は、自然を愛し、畏敬する心を円的文化の中で培ってきました。バレエで和の作品をつくりたいという天野さんに、そんな日本人としての感性を伝えることのできる作品をと思って提案したのが、この作品のはじまりとなり、玄玲奈さんに振付をしていただく光栄な展開となり、関係くださった皆様に感謝しております。

 太古の舞踊精神の復活が目的の『わの舞』は、舞台で演じるものではありませんが、あえてそれを舞台で演じ、バレエという現代の最も洗練された舞踊と融合させていただくという試みが、どんな力を放つのか。これは、私にとって実験的な試みでもあります。

 星々も、原子も、すべては渦(スピン)によって、秩序を生み、私たちのような命ある存在が生まれます。アメノウズメを最古の舞踊神とする私たち日本人は、そんな天地万物に何を感じ、何を観てきたのか。それを、少しでも感じていただけたらと思っています。

皆様のご来場を心よりお待ちしております!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/260-7aa06087

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。