スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私と自然へのまなざしを育む第2回」を冨田貴史さん「暦とからだと陰陽五行」など 

20130118チラシ


師走七日、土用の始まり(2日目)の日,
「私と自然へのまなざしを育む第2回」を開かせていただいただきました。

冨田貴史さんのお話会「暦とからだと陰陽五行」「私とつながるいのちのために」にご参加下さいまして、ありがとうございました。以下御報告です。やや長文となりますので、ご興味のある方のみ、どうぞお読みくださいませ。

【昼の部】
冨田貴史さん―たかさんのナビゲートによる暦という円盤旅行は、お楽しみいただけましたでしょうか?リズムがよくてノリノリで乗られた方もいれば、酔ってしまわれた方もおられたかもしれません。
暦は宇宙の次空間地図。メディアであり、よりどころ。欲や色にスポンサードされない、純粋なメデェアのひとつということ。
暦と星とカラダと感情と…宇宙にあるものは相似的につくられていて、立体的に多次元で有機的に循環しているということ。
その一つの元型を理解することで、他の世界を類推することができたり、カラダの内で起こる、感じ取りいくいことを類推できるようになります。すると、原因や対応もできるようになりそうですよね。日常に取り入れて、乗っていくとどこにたどり着くか、ワクワクします。
例えば何かテーマをもって(腎、大豆とか)「観察」して、「記録」していくと、自分のこよみ(己よみ・古よみ)ができます。すっきり見えてきます。
きっと、いつの間にか考えなくされられてきて「先生、私のすることを教えてください~」という答えを求める中心軸不在の旅から、命ある循環とその中心を体感でとらえて生きる旅へと変わって、サバイバルできるようになってくるでしょう!
私は2013年で円盤旅行3年目になります。お近くの方とは、今後、何かしらで和暦を使用してみてのシェアーなどもしていきたいなと思います。たくさんの「観察」「記録」をシェアーして重ねていって、私たちが文化をつくっていくときです。
【ヨーガ】
暦の理解をカラダに落とせるように…と願って、センタリング、特に自分の中心をはっきりさせ、地球の中心核につながることを意識して行ないました。縦と横と円の動きを取り入れてリズム合わせの遊びや、意図的に回転する、全てを中心(重力)に預ける、触れあう、右脳と左脳の統合手当てなど…味わっていただけましたでしょうか?
【夕食】
パドマカフェのひさのさんのお弁当!私のつくった陰陽五行を基にしたおかずもシェアーさせていただきました。
【夜の部】
座談テーマ「わたしにつながるいのちのために」というのはタカさんのブックレットの題名。私たちがリアルにいきる世界に歪みがあるとしたらそれはどんなことになっていて、どう進めばいいのか…そんなことを本音で座談していただこうと思い、このテーマをあげました。
戦前から戦後の日本民族が民族的に体験してきた歴史を追うことから始まった。(参考「戦後史の正体」著:孫崎享)タカさんからとてもすごいスピードで語られました(笑)潜在的にある民族的カルマみたいなものが、今深く個人にも、家族にも、日本社会にも顕在化していることを知った。今の日本の特徴―問題を解く力が弱かったり、答えを何かに求めるような人間形成がされて、その集団が社会をつくっているという、因果がつながってきました。そこから、ネィティブアメリカンの手法でもあるトーキングサークル形式で全員の座談が深まっていきました。言葉にしきれない時空間でしたので割愛させていただきます。世界のあるがままを見つめるようなこのような場に魂がつどい、正直に真摯に高めあっていけるものとして出会う場がこれからも大切であることを感じました。

【今後について】
もしよろしければ、ご感想をお待ちしています。
皆さんの感触がよければ、暦のお話はまた春の冬の土用にもしていただけるかお願いしてみようかと思います。
暦や陰陽五行は私も私事でも仕事でも日々お付き合いしています。今後、何かつながってやってみたいことがありましたら、提案下さいませ。

【リンク】
・冨田さん関連
  ブログhttp://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/
  「わたしにつながるいのちのために」http://ameblo.jp/watashini-tsunagaru/entry-10067664023.html
・地球暦 http://www.heliostera.com/ja
・私と自然のへのまなざしを育む関連 http://yuinoaru.blog60.fc2.com/
・和みのヨーガ http://www.nagominoyo-ga.com/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/247-56260252

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。