スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床研究会発表『今リアルに起きていること、そして私たちはどこへ向かうか?』 

「発表」
私が震災で避難してきて、それからテーマになっていたテーマの提起を、医院として参加した臨床研究会で院長と共同発表してきました。職場のブログから書いています。

テーマはというと・・・
『今リアルに起きていること、そして私たちはどこへ向かうか?―大震災後のPRAの可能性と貢献に焦点をあててー』なんとも大きなテーマですね☆
どうぞお読みくださいませ。
みなさまとともに、今ここからの視点で、このことに向き合いと思いますので、感想などございましたら、気軽にメッセージをくださいませ。

SnapCrab_NoName_2012-12-10_15-23-31_No-00.png

『今リアルに起きていること、そして私たちはどこへ向かうか?―大震災後のPRAの可能性と貢献に焦点をあててー』

当初は臨床の結果の発表をする予定でしたが、京都にて放射線に詳しいヘレン・カルディコット博士(医学博士・小児分野・ノーベル賞受賞)が来日し医療者・専門化向けの講演を行なう同日、これからの医療と意識と本質に寄り添うケアに向けた提起の必要性を感じて、このテーマの発表となりました。このテーマは、東北で大震災と原発事故を間近に体験し避難した看護師と、京都で産婦人科地域医療をしてきた院長が日々討論を織り成して、今後に向けて準備していた、検討中の議題でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/244-2e5ddad5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。