スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和みのヨーガについて【2012.12】 

logonagomipink.jpg

和みのヨーガについて


頑張らない 張り切らない 比べない

かんたんなことを たのしみながら つづけることで

健康で より美しく  より自由になれる


私たちは年齢とともにより軽やかで生き生きとした身体を手に入れる事ができます。
もしも、身体が整体(偏りがない)であれば、私たちは本来楽々と生きていけるように出来ているのです。

生活習慣の中で偏った身体のひずみを常に元の状態に戻すことが出来れば
健康で美しく、長生きをしていくことが出来ます。

和みのヨーガ(心身予防治癒整体)は、日本古来の智恵と心理学、大脳生理学などの最新科学を融合させた
「和の心を活かして」自然治癒力を活性化する健康法です。
年齢、性別、運動経験に関わらず、ご自身のペースで無理なく進めていただけますので安心してご参加いただけます。

和みのヨーガはとても簡単な手当てで、身体の歪みを直していくものです。

日本人は、昔から和みの心を大切にして暮らしてきました。
そして、和みの心の智恵は、身体にお手当てという形で、親から子へ、また、おばあちゃんから孫へと伝えていました。
体にやさしく触れるという智恵が今、忘れられて、
現代の私たちは、心と体が、脳と体が様々なストレスによってつながりにくくなっています。

和みのヨーガは輪になって行います。
経絡に沿ってつぼ指圧をしながら、
音楽と共に心地よく流れてくる誘導の言葉は、それを聴いているだけでも、自然と身体も心もゆるんでいき、
身体のバリヤーがはずれ、自己免疫力が高まります。

和みのヨーガは 日本古来の知恵が詰まった手当て法です 


心と身体と脳は密接につながっています。
本来、心の痛みも身体の痛みも意識することさえできたら、
自らバランスをとる力「自然治癒力」が働き、良い状態にを戻してくれるのです。
しかし、現代人は日々過剰なストレスにさらされ、少しずつ身体の異常を感じる力が麻痺してしまい、
「脳疲労」により、本来もっている力をなくしてしまっています。

ですから、「ここにこんなストレスがついている」と認識し、「右と左ではこんなに違う」と感じ、
心と身体の両面からバランスをとっていくと、「脳疲労」を回復させることができます。
その結果として、自律神経が正常に戻り、ホルモンバランスが整い、
免疫システムが機能し、心身ともに健康になっていきます。

nagomisolo.jpg

〈ソロワーク〉
 自分自身の手で経絡の流れに沿って全身を手当てしていきます
 これにより、脳と身体と心をつなぎ、誤った記憶(痛み・ストレス・トラウマ等)を自然の状態にリセットします
 あらゆることは自分の中の‘自然’がすべて直す(調整する)力があることを実感できるようになります

〈ペアワーク〉
特徴は手当てする人、受ける人双方の治癒力を高めることにあります
深い部分にある緊張やストレスを解放し、周りの人・場を「和みの空間」に変えることができます
与え合うことで「和」を取り戻し、癒しと人間力アップの相乗効果を生みます

京都・一乗寺クラスを始める経緯
fc2blog_2012112723345143e.jpg

和みのヨーガ講師 看護師の三品です
2011年3月11日 生まれ育った宮城県で震災の大きなゆれにあいました
大地が大きくゆらぎ 彼方には母なる海の大波
その時空間のゆれる狭間の中 まわりに起きたのは個人・家族を超えて
助け合い 祈り 自発的に目の前の人のために与え合う人の動きでした
忘れもしない星空は、この宇宙にはみえなくなっているだけで
はじめから尊く美しいものが与えられていると思わせてくれました
人の視覚域には闇とみえども ある視点からみれば 宇宙は無限にバイブスに光りに満ちているとも思わされました

これまで引きこもられていた男の子は これまでの思考の鎧を着ているどころではなくなったのでしょう
「何かできることはありますか」の一言から 頼もしい青年に変わりました 
女性たちは直感から 今本当にすべきことに動きました
考えるより先に 身体が動いたといいます
生まれた地に今生きることを選ぶ人 北へ南へ西へと動く人 それぞれの尊い選択がありました

私の直感は 私を東から西へ 京都へと移らせました

和みのヨーガでは 健康で幸せになるのを待っているより 先に与えてみませんか ということをお伝えしています
お互いに与え合うということは もともともっていた「和」 それを取り戻すということです

私が和めば、皆が和む
「和」を取り戻し 「和み」を個人・家庭・会社に届けます

そして和みのヨーガでいつも目の前にいる人に触れてみれば
知っていると想っていた人が実はこんなところがあったんだと やっと本当の姿に氣がつくかもしれません
本当の姿に氣がついて感動する自分に出会うかもしれません

身体の鎧が外れ 思考の鎧が外れれば 本来のいのちのままいられます


和みのヨーガで身体の鎧をはずしたら 安心の時空間となります
大丈夫の感覚の中の「和」の時空間です
すべての参加してくださる方のおかげそうなっています

今言葉にしたいこと
はなしたいこと(手放す)
それらを話してみてもいいかもしれません。ただそこにいるそれだけもいいかもしれません


震災にあわれた方は月に一度までは招待させていただいております
そのような方が安心できること 無意識に閉じ込めていたことを自覚し言葉にできること 
起こったことを受け入れ ゆだねていきることのできる
そんなちいさな和が各地や家庭で生まれることが助けになればと思うからです
それに触れる西の人の人生をも  宇宙にゆだねて生きる豊かなものにしてくれると思うからです

集まられた方が本来のいのちとなって
であい つながり
7世代先の子どもたちへと知恵が継承されるように
心をこめて ここ京都のクラスをさせていただきます


自分のいのちは自分で守る
自然と和して 自立して暮らす

核施設の事故がおこり その大切さが今際立ってきたように感じます
自然界と調和した生き方は私たちのDNAにスイッチをいれ
周りの菌をも生かす働きをしてくれます
鎧を脱いだ身体は一番大切な行動を冷静に起こさせてくれます

そのような和する生き方に 舵を戻し
未来につなぐときにいるのだと感じます

ヨーガでは免疫力を高め 放射能の影響を排出し 甲状腺を強くするといわれるプログラムも取り入れます
万とある代替療法のうちには 人間以前の古代からの叡智のエッセンスが含まれるものがありますので
体感していただければとおもいます

和みのヨーガのリンク

和みのヨーガ公式サイト/ http://nagominoyo-ga.com/
創始者ガンダーリのメルマガ/ 『和みの遺伝子にスイッチを入れる』 
本/
『心とからだにきく 和みの手当て』 ガンダーリ 松本 -2012.10
『和風ヨーガ 日本人の体と心に合わせた健康術』ガンダーリ 松本 -2010.3 

放射能の時代を生きる

放射能除去の手当て法 (ガンダーリ松本の創造の和)  
被爆の影響を対外に排出し、甲状腺のバランスをとって、免疫力を高めるヨーガの提案
(チェルノブイリから学んだこと by Rama Jyoty Vernon)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/238-bae288eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。