スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わのじかん 



11月25日、神無月十三日。滋賀県高島の~わのじかん~に参加して参りました。
ガンダーリ松本先生の和みのヨーガ、千賀先生のわの舞、そして高島むらのゆかりさんによるナビゲートでお二人の対談。
すばらしい体験をありがとうございました。これは長野の小口みどり講師の想いが繋がり、この日に繋がったお話もステキでした。
対談では、
和みのヨーガ初体験の千賀先生に、和みのヨーガの感想をゆかりさんがお聞きすると『感想の前に…。わの舞を続けていると、みんな次第に変わっていい感じになってくる…、それが、和みのヨーガをやっている人達は最初からいい顔をしている。だから、和みのヨーガは、わの舞と似たようなことをやっているんだろう…と思っていた。』とお話してくださいました。
ガンダーリから千賀先生に質問があるかとゆかりさんが尋ねると、
「そこにおられるだけで伝わってくるので質問がでてきません…」と。そうして、千賀先生にみなさんに伝えたい今ここの気持ちを訊ねてました。両先生褒めあって(笑)和やかなわのじかんでした。多謝(^人^)


翌日のガンダーリ先生による心理学が元になった「幸せ創造劇場」のワークも、涙あり、美しさあり・・・人生のページをめくりながら、内なる記憶を味わって、想像をこえた共鳴が湧き起こるすばらしい時間でした。


わの舞の千賀先生の京都での予定は、
12月13日の特別講座、12月26.27は講習です。

ガンダーリ先生は2013年、京都にお呼びしたいと想います♡

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/236-b9f376f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。