スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の和みのヨーガ 


こんにちは。
和みのヨーガの三品です。

11月に入り、立冬も間近の今日です。11月の和みのヨーガの予定をお届けいたします。

先月、10月は収穫祭やお祭りが各地で行なわれ、気候の変化も肌で感じる時期だったかと思います。心身の変化も流れにのって全うしてこられたでしょうか?節目の時には、こころもカラダも、暮らしのことも、準備ができていると安心ですね。
冬を迎えるからだの準備ってどういうことかしら?という方は、ブログ"季節とからだ―秋のお手当て"でも紹介しておりますので、よろしければご参照くださいませ。

クラスでの、終了後のシェアやメールでいただく感想や変化には、その回ごとに感動させていただいております。
長く気にかかっていた症状が改善された方、
もんもんとした中生きてこられて課題となっていたものを手放し腹を決めた(決意された)方、
ひとつひとつ身体に触れ、身体の声を聴くような時間を過ごされた方、
心の底からの安心の生まれる感覚を感じられた方、
暦のお話から巨きな視点をもらえたという方・・・
帰ったら眠くてどうしようもなくなった、ふらふらして大変だったというご感想。あとあと聞いてみれば、全うすることが必要なプロセスだったのかとも感じられました。これまで何かを保つために、自分のカラダをを差し置いてがんばってこられたような方、がんばるために気づかぬうちに着つづけていた鎧を脱ぐためには、休息と十分に誰かに氣にかけてもらうという時間が必要だったのかもしれません。全うしたのか、今は表情が軽くなっておられました。「私は本当はこうしたい」というメッセージを素直なカラダがそうさせてくれたのかもしれません。

もっとお伝えしたいのですが、ここまで。聞くより、体感して、はい終了も潔いですしね☆
もし、まだみぬどなたかのために感想をブログに載せてももいいですよという方は、お知らせくださいませ。

9月30日に出版された、和みのヨーガの創始者ガンダーリ松本の新書『心とからだにきく和みの手当て』を読まれて、ほっこり、安心を手に入れられた方もいるかもしれませんね。11月25日には滋賀県高島市でのガンダーリ松本による和みのヨーガ体感講座もございます。より深く理論を知り、体感をしてしていただける機会です。まだ申し込み可能ですので、高島の主催者案内和みのヨーガHPよりご覧くださいませ。

   11月のご案内をお届けいたします
和みのヨーガ

    心とからだにきく 和みの手当て
自分の手で心とからだの緊張をほどくと、「本当の安心」が手に入ります。  
そのための力と智恵を思い出しませんか?

和みのヨーガ(心身予防治癒整体)は、日本古来の智恵、心理学、

大脳生理学などの最新科学を融合させた「和の心を活かして」自然治癒力を

活性化する健康法です。年齢、性別、運動経験に関わらず、

ご自身のペースで無理なく進めていただけますので安心してご参加下さい。


〈ソロワーク〉自分自身の手で経絡の流れに沿って全身を手当てしていきます
      脳と身体と心をつなぎ、誤った記憶(痛み・トラウマなど)をリセットします
        あらゆることは自分の中の'自然'が直す(調整する)ことを実感していきます

〈ペアワーク〉特徴は手当てする人、受ける人双方の治癒力を高めることにあります
       与え合うことで、和を取り戻し、癒しと人間力アップの相乗効果を生みます

◆場所   シラカワビル2階 京都市左京区一乗寺出口町1 (万井医院となり)
◆料金 2,000円    震災避難者はドネーション(寄付)で参加可
◆持ち物/ 動きやすい服装、タオル(小さめで可)

◆11月の日程   9(金)  20(火)  29(木)  ・・・14:00~16:00

   ★夜の時間帯のご希望日時をうかがっておりますので、希望の方はご連絡くださいませ。
  
   ◆ご予約(みしな)/  090-5353-5131  tomomimi112@gmail.com

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/233-2e005b68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。