スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーツ会合ー親戚大集合します 

文月晦日。
仙台からです。
朝は小さい頃遊んだ公園を通り、実家に帰りました。鳥と蓮と小さないきものがいっぱい。鳥たちは極楽浄土を味わっているのかな(笑)


京都を経つ晩、友人が私のルーツを聞いてくれました。ありがとう。

亡き祖父は宮城の蔵王山麓、火山灰地で暮らしてきました。戦争でフィリピンに行き、戦争が終わったことを信じられずに、四ヶ月人里に近寄らず、山の中にこもったそうです。のちに気仙沼に帰船し、夜中にひとり、親戚の家の戸を叩いた。戦後の時代に姿も変わり果て、親戚からは本人かを確認するためのたくさんの質問をされた。本人だと解り、家の中に入れてくれた。その時の残り飯は、一生の中で一番美味しかったと話していたと。
蔵王に戻り、夏の短い、火山灰地という自然の力の大きな、けして豊かではない土地で(田んぼはできない地)で、畑をしていた。その収穫は手ぐるまを引きながら家に帰る間に、人々の為に置いてきて、残りのもので家族を養っていたと。

これは震災後に私がばあちゃんから聴いた話。その時、何があっても私はちゃんと生きようと覚悟した。
そこから、私が何を継承し何をすべきかが何となく見えてきた。
何をという項目ではなく、どんな霊性をという感じ。今日は親戚が集まる。わいわいやっていたら、じいちゃんものぞきにくるかも~!
嫁たち以外は、全員がじいちゃんがあっての奇跡のいのちだから。

ばあちゃんには、ばあちゃんが80年以上見続け、恵を受け取ってきただろう蔵王山をモデルに友人が描いた絵を贈る予定。
絵が生まれた夜は、私も同じ土地で満月をみていた印象的な時間。その時に生まれた絵だなんて!一目惚れしてしまいました。ばあちゃんに届けられるのが嬉しい。
いろんな縁に感謝。


シャンティ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/227-de573f7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。