スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のこと~処暑の惑星通信 

今日は処暑。そして、今日明日の惑星Tスクエアにワクワクする。3時から早起きしすぎてしまいました(笑)

夏は、宮城へ帰省。震災1年以上たって、いろいろなことがありました。家族とじい&ばあちゃんの顔、亡くなった友人への挨拶、送り火を焚いて語らった夜、育んでもらった森と空・・・

それから、念願叶い山口県の祝島の神舞に行きました。3年前映画を見てから氣になっていて、祝島の人たちの見ている景色、世界・暮らしとそのスピリットに触れたかったのです。そして、ゆるがない意志と行動で核施設立地を延期させ、美しい瀬戸内の自然を守るという現実をつくってきた祝島の人のスピリットに震災後も力をいただいたことへの感謝と敬意を込めて、千年続く神舞の4年に一度のそのタイミングで、祝島の地に足を運んでみたかったのです。

そして長島の自然を守る会の生態調査に同行させていただき、田ノ浦と無人島の宇和島にも行ってきました。文月新月の夜、海岸でのアカテガニの一斉産卵を目の当たりにしてきました。宇和島では、海で素泳ぎしてきました(準備してなかったから・・・シュノーケルも貸してもらった)。珊瑚と魚と底まで見える海で・・・
また、レポートさせていただきます。

この旅は、これから一生の舵取りにもなるような旅でした。自然に還って、たくさん自然からの声を聴いて、震災後やっと自分の時間を過ごしたという感覚です。

自然と共に自立して生きるの言葉が今もリフレインする。
では~今日は

太陽系時空間地図 地球暦 惑星通信が届きましたのでシェアします。
-------------
西暦 2012年08月23日(木)
旧暦 平成24年 7番目の月 / 文月 六夜

「秋になり、海王星と結ぶ、地球、火・木開きと、Tスクエア」

───────────────────────────────────
【今日の惑星配置】西暦 2012年08月23日(木)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20120823
───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の330°、太陽黄経で150°を運行中です。
本日は「秋」の17日目、半期の折り返しにあたる、「秋分」まであと30日となりました。
───────────────────────────────────
処暑[しょしょ]Abatement of heat
地心黄経150度 (日心黄経330度)
───────────────────────────────────
地球暦が二十四節気の一つ「処暑」をお知らせします。

「処暑」は、春分から150度経過した初秋の半ばの地点です。
暑さが処む(やむ)と書く「処暑」は、一年を一日に例えた時の午後4時くらいにあたります。光が最も満ちる夏至から60度(約二ヵ月)が経過し、地温の上昇に伴い、海水温も上がり台風シーズンの到来の時期でもあります。
夏休みも後半となり、一年で最も過ごしやすく、エネルギッシュな「処暑」は暑さの極まりから徐々にクールダウンし調整していく目安の時です。
夏は陰性の食べ物(キュウリ・ナス・ピーマン・トマト、果樹や柑橘など、)や甘い冷菓や、ビールや酒類など陰の気をたくさん取り入れる時ですが、この処暑から徐々に体を中庸に戻していく事で、10月あたりに体調が変わってきます。まずは身近な食事から秋へと徐々に体を変えていきましょう。秋の代表的な食べ物は、大根やネギなどです。これから旬を迎えますので積極的に秋の味覚を取り入れましょう。

エネルギーが最も高まる「処暑」は、サーフィンで例えれば、波のピークが最高潮になり、うねりが崩れブレイクしている時です。
タイミングを合わせ波に乗る事で、大きな力を得ることができます。この勢に乗って残り少ない上半期を有意義に過ごしていきましょう。
……………………………………………………………………………………………
[土御門歳時記より]
老陽(ろうよう)日に衰(おとろ)へて 秋陰(しゅういん)の気(き)
次第に増し暑気(しょき)すでに処(やむ)とす 依(よ)って斯(か)く云ふ
……………………………………………………………………………………………
[七十二侯]
■ 綿を包む咢(がく)が開く
■ ようやく暑さが鎮まる
■ 稲が実る
※七十二候は土地ごとに本来作られるものですので慣例を参考にして、身近な季節の変化を、自分の環境に合わせて、季語で自由に表現してみましょう。
……………………………………………………………………………………………
[処暑からの目度]
30° 先  >>>>  秋分 2012/09/22
45° 先  >>>>  寒露 2012/10/08
90° 先  >>>>  小雪 2012/11/22
120° 先  >>>>  冬至 2012/12/21
180° 先  >>>>  雨水 2013/02/18
270° 先  >>>>  小満 2013/05/21

90度系の角度は、建設的に組み立てる働きに対し、60度系の角度は、流動的に転換していく働きを持っています。270度は、9ヵ月間で妊娠期間に相当し、時間をかけて着実に形作る力を持っています。

───────────────────────────────────
Conjunction of Mercury & Jupter【88.7日周期】
今日は、“水星と木星の結びの日” です。
次の“開き”は 2012年10月04日 です。
───────────────────────────────────
今日は、第1軌道の水星と、第5軌道の木星が、目出度く62°の方向で
“結び”になりました。
木星の一周=12年に対して、内側の水星はぴったり4倍の48回、
木星と会合しています。
太陽系で一番大きい質量をもち、安定した12年周期の木星は、
干支と同じリズムで巡っているため、
自分の干支の年になると、木星は出生時と同じ位置に回帰しています。
12年の木星をさらに4倍に細分化している水星との会合は、
成長の過程を細かく追いかけてチェックしているようです。
一年で円盤上を約1/12(30度ほど)移動している木星と
3ヶ月サイクルで巡ってくる水星との会合は、前回の位置から8度ほどの変化があります。
変化の少ない外惑星の動きも、水星の動き通じて感じてみることができます。

───────────────────────────────────
Opposition of Mercury & Mars【100.9日周期】
今日は、“水星と火星の開き” の日です。
次の“結び”は 2012年10月14日です。
───────────────────────────────────
地球暦が、惑星会合の一つ、“水星と火星の開き”をお知らせします。
今日は第1軌道の水星と、第4軌道の火星が、64°と244°の双方向で
互いに太陽を挟んで“開き”となりました。
火星にとって、内側で水星が一周廻る101日ごとのこの会合は、
お百度参りと同じ期間で、行いを整え、願を掛け、思いを成就させるサイクルです。
野菜の種も100日すれば、種から花が咲き、実をつけることができます。
生後100日では食べ物を口にする祝いの“お食い初め”をし、
死後100日では、悲しみから卒業する“百か日”の法要をします。
火星の一周(687日)の中で、水星と会合するのは7回。
7回セットで、火星軌道を7角形に分割しているような周期を持っています。
───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.6 Mercury & Mars[100.9days cycle]
───────────────────────────────────

太陽系では今月のテーマである「秋になり、海王星と結ぶ、地球、火・木開きと、Tスクエア」が今日明日(8月23.24日)で完成します。

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/222-24cd6d47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。