スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の思し召すままに。 

始めに、シェアさせてください。願うなら今この文を読んでくれるすべての人に、みて感じ取ってほしい。
 あの日大飯で、ドラムをたたき続けた女性の日記です。あのドラムの音の中、共にいた同士の感覚は忘れられません。いつか安心して忘れられる日がくるまでは。 
http://pikaloggg.blogspot.jp/2012/07/dommunfukushimataiyo33osaka-54.html

ここから日記。

皐月十七夜。

しとしと降る雨。
物事には両面がありますね。
じとじと~、暑い~と言いながら、わずらわしさを発している人もいれば・・・

私は日本らしくて「いいな」って思います。
しとしとと降ってくる水って、女性性の表れって感じがするでしょう?

ちなみに激しい雨は「龍神さんが働いてるな」って(笑)
なんにしても、自然の働き、神仕組みには大きな意味ですべて感謝です。


この時期の身体の調整が、夏を迎える準備には大事ですね。日本人の体は四季に適応するようにできています。夏を夏らしくすごすことに繋がる体づくり。

言葉も「じとじと」「暑い~」を「チャンス!」に変えてみて☆脳が何がチャンス?と探し出すよ☆

身体では初夏に活発になった肝臓が一時お休みする時期なので、食事は腹八分目がいいですね。暑くて眠れないときは、前頭部を冷やして、頭寒足熱をすると、気持ちよく眠りに入れます。

この季節こそ、味わえるものがある。
覚えているのは、東京居住時代に母と一緒に女水入らずで雨の鎌倉で紫陽花を見たこと。とてもよかったです。
そして7月1日の大飯の原発反対直接行動の日も、劇雨が意志の強さを、人間としてのぶれない有様を瞬間瞬間はっきりと見せてくれました。

自然の思し召すままに。
(8日の引越しは晴れてほしいよ!)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/216-85cdd9d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。