スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一ヶ月のヨーロッパ 

一ヶ月のヨーロッパのたび。

今までの人生で一番長い、旅。
仕事をいていた4年間の間、約1週間の連休を使ってバリや台湾にリフレッシュの旅に行った。その頃から思い描いていた旅があった。

ひとりで歩く、人と出会う、歴史と出会う、自然に入る…
海外の旅ならではの、異なる言語、生活、食文化、生活、経済価値…

その思いが強くなるのには、人とのつながりがあった。

 高校の友人の一人は洋楽・洋画が好きで、何かと本州・日本をとび出していた。その友人の価値観、どこで何をしているのかはいまだにきになる。
 大学のときは学生ならでは、多くの人が海外旅行をし、私も流れに乗って韓国、アメリカ、ギリシャ、イタリアに観光旅行&短期留学。そんな中でも特に惹かれた人がいる。インドにひとりで旅をしていた先輩、アジアをバックパックで歩いた後輩。屈託のない笑顔ではなす、旅の話が大好きだった。
 卒業後、JICAでジンバブエに行った友達。言語、経済状況、時間の価値観などかなり異なるところで、任務を終え帰ってきた。もともと人を惹きつける人だけど、さらにきらきらしていた。
 ヨーロッパで一年間勉強してきた彼。彼全部が素敵なのだ(笑)けど、彼の人とのつながり、楽しみ方は複雑じゃなくシンプルなところは素敵だ。

なんだか私が惹かれていった人たちは、私が感じてきていた、職場の階層、ご近所付き合い(そういうものに意味があるのも分かるが、変な形だなと感じていた)、こういうときはこうしなければいけない、そんな枠をもっていないように思えた。彼らの見てきたものを見てみたかった!

そうして、8月24日、旅に出た。何が起こるか、どんな出会いがあるか、わくわくしながら。

9月21日帰国。旅をした時間と経験はかけがえのないものだった。日本に帰ってきて、何かが変わっているわけではない。でも、自分の中に変化とたくさんの喜びがある。

旅をして見えていなかったものがみえ、みたことのないものに出会った。
地球という宇宙の中のひとつの惑星で大地を共有しているという事、それがかけがえのないものでありがたいものであるという事を感じた。
見えてきたのものは、私自身でもあった。成り立ち、体の形、声の大きさ・質、メンタル、色んな状況での感情の動き、体の反応。自然の中で体をクリアにする時間での変化は特に大きかった。

また、歴史が作り上げてきた文化や習慣や人々の価値観、それが良くも悪くも今の社会を作り、経済をなし、環境問題、格差や病気を作っているということ。

行った場所の事、思ったこと、少しずつ、書いていこう☆
















スポンサーサイト

コメント

No title

おおっ!!
ついにブログをはじめましたね。
おめでとうございます。
まずはヨーロッパの旅、楽しい様子を拝見いたしましょう。
更新も楽しみにしていますよ。

No title

はい。ブログはいろいろできて楽しそう。しか~し使いこなせていないです。このコメントにもやっと気がついたのですからv-12

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/2-c68debc3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。