スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢ケ崎先生講演会のお知らせ。 

仙台にて、明日の5月20日(日)に矢ケ崎先生の講演会がおこなわれます。友人たち、お母さんたちが繋がり、準備してきました。
ジョイントは京都のご近所さんでもあるジャーナリストの守田さん、人間味があり想いを受け止め、起こっていることをわかりやすく伝えて下さいます。
現実を知ることで、より調和へと変容する力がひきだされると思っています。
お時間の合う方は是非、ご参加ください。下記、講演会の詳細です。
こちらから引用
http://sendaicommucafe.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html
・・・・・・・・・・

矢ケ山竒克馬先生講演会 + 矢ケ山竒先生×守田敏也さん対談
生活の中の放射能教えて!矢ケ山竒先生

「放射能がからだに入ったらどうなるの?どうしたらいいの?」
「放射能ってよくわかんない。でも子どもを守りたい。」
「安心な暮らしがしたいなぁ。」

 さあ、お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん…、
 みなさん。ご一緒にお話を聞いてみませんか。

日時:2012年5月20日(日)13:30~
 開場13:00~/開演13:30~/16:00終了予定
   第一部 矢ケ山竒克馬先生講演会「内部被曝について」
   第二部 矢ケ山竒先生×守田敏也さん対談
   第三部 質問タイム--あなたの疑問に矢ケ山竒先生がお答えします

*ご質問のある方は、氏名を記入の上、あらかじめ下記アドレスにメールで
お 送り下さい。  sokuteisitumiyagi@excite.co.jp

当日、会場に質問をお持ちくださってもかまいません。

参加費:500円
定 員:300名
会 場:学校法人支倉学園ドレメファッション芸術専門学校6階ホール
  (仙台市青葉区支倉町1-33:仙台市営バスで仙台駅前バスターミナル29
*仙台市営バスで仙台駅前バスターミナル
29番のりばから「交通局大学病院前行」などで「木町通一丁目」下車。そこ
から徒歩3分。
(当日、青葉まつりのため、市内中心部大幅な交通規制となります。 バスは
「市民会館前」を通りません。)
*駐車場はございません。お車でお越しの場合はお近くのパーキングなどを
ご利用下さい。

*託児は設けておりませんが、キッズルームを用意します。
お子様連れの方もお気軽にご参加下さい。お子様には保護者の方がお付き
添い下さい。

★主催★
小さき花-市民の放射能測定室仙台
市民の放射能検査室かぜのたに
みんなの放射線測定室「てとてと」
仙台・いわき食品放射能計測所「いのり」

★協力★
5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会せんだいみやぎ
子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク
せんだいコミュニティカフェ準備室
石巻・子どもの健康と未来を守る会
チームキセキ
放射線被曝から子どもを守る会 多賀城

★後援★
学校法人支倉学園
(株)エルフ倶楽部

<問い合わせ先>
小さき花 090-1397-0781 (月~土9:00~17:00)
てとてと0224-86-3135 (月~土9:00~15:00)


矢ケ山竒克馬先生(琉球大学名誉教授)
1943年生まれ。広島大学大学院理学研究科で物性物理学を専攻。理学博士。
2003年から国を相手取った原爆症認定集団訴訟で「内部被曝」について証言
を行い、連続20回勝訴の礎となる。3・11原発事故後は、放射能汚染=被曝
の深刻さを訴え、全国で熱い講演を続けていらっしゃいます。主な著書『隠
された被曝』『小出裕章 矢ヶ山竒克馬 3・11原発事故を語る』『内部被
曝』(守田敏也さんと共著)

守田敏也さん( フリーライター)
1959年生まれ。京都市在住。同志社大学社会的共通資本研究センター客員

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/193-8caacd7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。