スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡 稲子のおうちで 

10月のことですが、
静岡の稲子に行ってきました。富士市と甲府を繋ぐ身延線のとおっているところです。棚田がきれいで、棚田の真ん中に平家の落ち武者の墓があります。
屋根が写っているのは、シャロムでであったゴカさんのおうちです。
ちょうど同じ時期に同じくシャロム仲間のりえさん&いしちゃんも来て、嬉しい再開です!
ゴカさんのおうちは電気がありません。電気のない生活ってどんなかな?
R0013458_convert_20081114175126.jpg
古代米の稲刈りをしました。黒米はもうしばらくたってからの収穫だそうです。
畦には大豆が植えてありますね!
R0013434_convert_20081114175337.jpg
いしちゃんと一緒に足踏み脱穀機で脱穀!すでに収穫後、乾燥させておいた普通のお米です。
普通っていっても、自然農の耕さず何も加えずのお米。田植えも稲刈りも手作業。脱穀は足踏みで。その後、日干しをして”てみ”を使って余分なわらを飛ばします。
そうしておいしいご飯がいただけるわけです。
R0013442_convert_20081114175747.jpg
昼間は、サトイモ、八つ頭&ずいき(芋茎)、花オクラ、落花生…の収穫。それから豆を殻から出したり、ズイキの皮を剥いて干したり、布団を干したり、洗濯をしたり。日中に日が出ていると、とってもありがたい。ゴカさんは毎日そこで生活しているのに、毎日「晴れてありがたいね」といっていました。
R0013468_convert_20081114180228.jpg
ご飯はいつも外です。太陽の明るさがありますから!上の写真の花オクラをサラダにしたり、とってもおいしい。ゴカさん曰く、「急に人が来ても、何人来ても、みんな満足してご飯も食べて帰っていけるのが不思議」本当においしかったです。ご飯と味噌汁と愛があれば、最高の幸せです。
R0013465_convert_20081114180948.jpg
いしちゃんがフーフーしてます。七輪とお風呂場では、これが大切なお仕事。煮えたかなどうかな♪ご飯もここで炊きます。
R0013447_convert_20081114180445.jpg
満月の夜は、みんなで外に出て、なんとなくそこで過ごす。何も語らずとも、ただ一緒にいて、幸せを感じる時間。そういうのって、友達や恋人、家族とありますか?
シャロムが好きだなと思ったのは、そうやっていられる仲間と出会い、一緒の時間を過ごしたからかもしれないね。
R0013472_convert_20081114180613.jpg
3泊の後、東京へと帰りました。ゴカさんがおむすびと野菜をもたせてくれたよ。
ゴカさんからの手紙には「愛がとう」とありました。
こちらこそ、ありがとう。自然とこの出会いにも☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/18-d6d0efd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。