スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「土と平和の祭典」の打ち上げ 

9月19日に日比谷公園で行われた「土と平和の祭典」の打ち上げがあったので、行ってきました。ちょうど東京にいたから、いけたんだ~

実行委員長であり半農半歌手のYae(藤本八恵)さんとその母親の歌手の加藤登紀子さんもきました☆ステージでは大きく見えるけど、実際隣にいると背は小さい。不思議だなぁ~大きく見えるなにかがあるんだなぁ。

イベント当日は仕事も見たいものもいっぱいあってゆっくり話ができなかったボランティア~仲間ともゆっくり話ができました。

その夜、こんなことがありました。
飲んでいたオレンジジュース(BERなのに)をテーブルにおいて話に夢中になっていたら、そこを通った人男の人がジュースがに当たって、こぼれてしまいました。それは床を拭いただけで済みました。その人と話をしてみたら、池袋で”たまにはTSUKIでも眺めましょ”という、ちいさなオーガニックバーをやっているという方でした。お店には、ここのイベントに参加している友達、政治家さん、業界の人、いろんな人がくるそうです。そうやって集まってくるのが伝わってくるような、素敵な方でした。

大きくなりすぎず小さくやっていきたい、と言っていました。そういう姿を見たひとが、こういう風に自分でもできるんだなと思ってくれる大きさで、と。掃除も掃除機を使うのではなく、その大きさに合うのは箒とちりとりと。そうすれば、お金も置き場も無駄がないとも。

その話はいくらでも大きなものにつながる話だけれども、それが等身大で、とても伝わってくる。その話がもっと聞いていたくなる。

さらに面白いことを言っていました。

店を始めてしばらくすると、はじめから来ていた人のペースは引いて、新しい人も来なくて、経営が落ちてきたな、というときがあった。その時、トイレをきれいにした。七福神がやってくる時、6席の店では6番目までは席に座れる、そして最後にやってきた神は隅っこのトイレにくる。だからトイレはきれいにしておくのだと。そうしたら、その日は、開店して5分、また5分と新しいお客さんがきて、それ以来、店は繁盛した。こういう話は、みんなに話せる話じゃないけど、そういうことってある。

今度、お店に行ってみよ~っと。
たまにはTSUKIでも眺めましょ


会場のお店も、バーテンさんも、面白かったです。会場は、原宿にあるオシャレ~なところ。
一、二階は、いい感じのお店、三階はもっといい感じの場所。bar & lounge "greenz"
お店の紹介には、以下のようにありました。
greenz.jpが運営するオルタナティブスペースです。サイト上では紹介しきれないリアルな情報を発信するインフォショップであり、東京で暮らすグリーンなアクティビストのための溜まり場でもある。恒例のgreen drinks Tokyoはもちろん、サステナブルな未来を考え、実現していくためのトークイベントやワークショップを開催してゆきます。」

ドリンクを作ってくれるのはgreenz.jpを作ったウェブデザイナー(天才的)だったり、プロの何か(忘れた!)してる人だったりで、自分の分野で仕事をし、バーテンをする日もあれば、畑で農をする日もあると言っていた。明るくって、親しみやすくて、肌もよく焼けてて。

たくさんの魅力的な人たちがいるもんだ☆と思った一晩でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/17-4e7ca391

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。