スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛は時を越えて 

新月の日。節分の日。新年。

どんな風に過ごしましたか?

わたくしは、昼間は断捨離。部屋の整理をしました。
どこからか一束の半紙がでてきて、開いてみました。他にも手紙類あったけど、気になったのはそれだけでした。

開いてみると、
『今日から中学生!』と始めに書いてあるA3用紙三枚にわたりぎっしりと筆ペンでつづられた手紙(印刷)でした。

小学校の最後の学年を担当してくれた先生から、4月1日の中学生になった日に届いたものでした。

『・・・君たち一人一人が宝なのです。でも“玉磨かざれば光なし”のたとえにもあるように、苦しいこと、辛いことが君たちを磨き、強く優しい人間にしてくれるのです・・・
先生、応援しています。太陽と一緒に応援しています。君たちの三年間を応援しています。・・・
太陽をみるたび、“がんばれよ、仲間たち!”って心の中で声をかけています。・・・』

ホントに愛してくださって、私たちもどんなことをしでかしても、愛してくださった。だからこそ、何かすればしかられもしたけど、怒りをぶつけられた記憶はない。

先生は、卒業後もクラス全員に年賀状や手紙を毎年くださっているのです!

うるうるしてしまいました。

もののお掃除したので、神様からの心のプレゼントでしょうか。

私も、人に喜んでもらい、人の心の中に生きる人になりますように。
と、新月のお願いをしたのでした。


夜は家族で豆まき、

ちょっとだけヨガ、

今度は仲間と新月節分の集い&学び&豆まき&恵方巻き。

生まれる前から、たくさんの人の愛と、太陽と月、天地自然の恵みにいつも生かされていることにあらためて気がつく機会をいただきました。

新月に願う(種を蒔く)と、願いが叶いやすいそうです。
先生は新月どころか、太陽をみるたび、願っていてくださるのか、時空を越えて愛が届きました!!

感謝(^人^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/158-0538b237

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。