スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地域のチカラ」 

「地域のチカラ」のイベントに行ってきました!

一日目
パート1は以下の映像を見ました。
『ラダック 懐かしい未来』短縮版
『アジアの行動するコミュニティ』(※)
『パワーオブコミュニティ キューバはいかにしてピークオイルを生きのびたか?』

パート 2は講演でした。
来日しているヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんのお話は、グローバリゼーションとローカリゼーション、それに関する経済等に触れる内容だったが、とても分かりやすく、刺激的なお話だった。5月から世界を回って、日本が最後の国で、オーストラリアの家に帰られるそうです。

 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんは、スウェーデン生まれの言語学者。1975年にラダックに入り、ラダック語・英語辞書を作成。ISEC(エコロジーと文化のための国際教会。本部イギリス)の代表。著書「ラダック懐かしい未来」は30カ国語以上に訳された。ラダックでの活動を継続しつつ、グローバリゼーションに対する問題提起や啓発活動を行っている。世界的なオピニオン・リーダーの一人。急速に文明化が進むラダックでの変化を見てきた。


普段、食べ物や使うものに何気なく払っているお金、海外から入ってくるもの不自然な安さの理由。それらには、当たり前の日常のシステムに隠れて、そういうものだと思ってしまっているからくりがある。それについて、とても理解しやすく、根底は何なのかが分かるお話をしてくれた。
毎日の生活に関わることが、どんなシステム(経済、人の思うこと、なんとなく進む方向、環境への影響・・・)のもとに動いているかが、すっきりとわかった。
話を聞いてみて思ったのは、そういうものなのに、今まで見えてなかったんだ~~って!!
いろんなものがつながって、すっきりしたのと同時に、これからの社会の進む方向性として何が必要なのかが、彼女の話からよく伝わってきた。世の中の動きが分かると、日常のこともどんな仕組みの中で動いているかが分かって、よく見えてくる。だから面白さもある。

その内容を書きたいところだけど、すでに記録されている方がいますので、ぜひみてみてください。
http://yaplog.jp/kokopelli-life/archive/8

今後もヘレナさんの、東京での講演があります。
■日時: 2008年11月17日(月)
     17:30~       受付
     18:00~~20:00  『幸福のための経済』(ISEC ※2)上映会(同時通訳あり) 
                  &ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ氏 スペシャルトーク(通訳あり)
                    コメンテーター 辻 信一 教授

http://julayladakh.org/PRJCT5.htm






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/15-ba6e81c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。