スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の仲間たち❤「祝の島」から 

こんにちは。

誰を思っていますか?
雨がふっているとき、無性にうれしくなります。
仕事をしている仲間は、ちょっと面倒であると。無性にうれしいのです。
きれいになるというか、水が降ってくるのが好きというか、その後の虹が好きというか。

原点に戻ります。生かされていて、すべてが恵みであって、つながっている仕組みの中で暮らすのが幸せと。

私は小学1年生のころ、泉ヶ岳や泉市(今は仙台市)が一望できる団地の上階に住んでいて、高~いところから見渡す景色が、日常でした。よく、飛行船やヘリコプターが目の前を飛んでいたり、目の前に広がる虹を見ていました。

小学校一年生の時の作文で

虹の上を歩いたら、どこにいくのかな。おともだちと歩いていきたい、と!!!

と書いていました。  



さて、
日本各地、ときには海外の、家族の様につながっている仲間から、メール、電話、おてがみが時々きます。

今書いていて気がつきましたが、虹を何度も一緒にみて見て、歩いた仲間がいる。虹の向こうくらいは歩いています(大阪から東京ですから)(笑)
生まれてからずっといる。たくさん。虹の上を歩きたい夢!もう夢は叶っていました!!!



そして、歩くことで、地球の大きさ、そして、今の想いが未来につながるというシンプルなことに気がつきました。
よく足元を見て歩くと、そのバランスを足下の自然や降ってくるものたち、周りの人が鏡のように教えてくれます。

私は、かなり崖っぷちを歩きたがってきたので、ここを歩いていると落ちるよーと気づかせてくれた家族や友達のに感謝です。

周りをよく感じてみると、自分が、自分のたち位置が見えてくるのだな~




仲間たちと、
離れていてもつながっていると感じている、しかし、実際にこうして、電話やメールができるのは、やっぱりうれしいし、この時代のありがたさを感じます。


その友人たちのメッセージ。届く方に届くようにと、のせておきますね。


「やっちゃん」
❤「祝の島」から始まるコタツだんらんツアー❤
そんな新月から、ボクは大切なことを始めます。
ドキュメンタリー映画の自主上映を企画し、
各地に呼びかけコーディネイトする仕事です。
本気になっていきます、核心へ挑む時です。
こんな想いと行動へ導いてくれた
映画の名を、
「祝(ほうり)の島」と言います。
ご存知ですか?
友人でもある、はなぶさあや監督が
瀬戸内に浮かぶ小さなハート型の島の人々の
暮らしぶりを映しだした
2年間の記録ドキュメンタリーです。

28年間、原発の建設に反対する島の姿という以上に、
海と山の恵みと怖れを受け止め、
互いに助けあいながら、
暮らしを紡いでいく
穏やかな作業と温かな視線を抱く島の人々。
そこから見えてくるのは日本の未来像へ
向かうべき小さな理の数々。
一本釣りの場面にも、棚田の場面にも、
そして原発反対の想いにも、
じんわりと「自然と生きること」が
滲みでているようで。
僕はこの映画に宿るチカラを
信じてみたくなりました。

皆さんがすごく感じて大切にしている
「つながり」をさらに
結い束ねてくれるんじゃないか、と。
それには、一工夫も二工夫もいる
現実をも捉えながらも、
想い描く世界へと歩もうとする
仲間との出逢いが始まること。
創造と調和をワクワクドキドキしていける
風と波を起こせるような、
手ごたえと手触りがあること。
この手に刻まれたサダメを伝承していく
潮時じゃないかって。

きゃあ、止まらんわ!
続きはお会いしたときで。
僕はご覧のように元気です。(ここでゆう)
これから、相変わらずの関西人ぶりも、
ほったらかしてこの企画の呼びかけを
各方面にしていきます。
すでにこの映画の上映に興味関心を
示してくれてる方には近々に、
企画書案内を送ったり、
具体的に決めるために
詳細な内容を話し合うことを
順々にしていく予定で動きます。

今回の企画は、20人規模の上映の場を
ツアーを組んで多様なつながりを
産み出していきたいと
考え練り上げました。

ですから
映画の仕事します、というより

「人」「自然」「暮らし」をつないでゆく仕事

詳しくはご連絡いただいた上で
説明しますが、  
映画「祝の島」でのアナウンスしている
自主上映募集とは、
全く別のコンセプトを立てて
進めています。とは言えこの試みは、
この映画製作サイドとボクとの
共同企画でもあります。

まずは関東周辺の上映ツアーを
10月Xdayから翌1月にかけて
50か所を目安にしようと、
眼をパチクリしてます!
その後ご縁ある地域へ。
そして映画コピーの
「1000年先にいのちはつづく」の如く、
じいくりと腰据えて「つながる上映ツアー」の
交流を皆さんと育んでいけるよう
心もパチクリしてます!

事前に「上映しましょう」と
言ってくれた皆さん、連絡差し上げます。

そして、この至福の便り(自分でゆう)に
胸騒ぎを感じた方、ご連絡ください。
取り急ぎは、映画の企画案内を送ります。

さて、ここまでボクを駆り立てた
この映画のツアータイトルは・・・

❤「祝の島」から始まるコタツだんらんツアー❤
はじまり、はじまり~

皆さん、愛も変わらずの文面でしたでしょうか、
けど確実に自身の変容と役割を感じています。
踊っていても、
浮足立たぬよう精進していく所存です。

読んでいただきありがとうございます。

ご縁あらば、お声かけください。
上映したい、個人的に参加したい、
こんな人紹介したい、
会いたい、興味ない!などなんでも有難いです。

ほなほな、おおきに 
愛と感謝 やすゆき拝

平成22年 
2010年9月8日(新月・白露)を越えて
9月9日に至る時に

■連絡先■
東京都小平市学園東町3-7-29-B101
坂山保之 080-6141-8050
✉ chanteworks@yahoo.co.jp
アメブログ:http://ameblo.jp/greenchildren-ecomandan/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinoaru.blog60.fc2.com/tb.php/128-c968f2c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。