スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜降の日 



おはようございます。
よくヨーガの始まりを、
暦の話をして今こことカラダに集中をしていただくことから始めています。終了時には、大きな変化を体験される方もいて、毎回感動させてもらいます。
参加くださった方のステキな感想を暦の部分だけ、シェアさせて頂きます。
暦ははいふもさせていただいていますので、声をかけてください。まだ、数に余裕があるのでぜひ触れてみて欲しい!
以下感想。次に本日の惑星通信。---------------
地球暦をさっそくヒ゜ンで指してたてかけています。
といっても、とりあえず部屋にあったダンボールをたてかけてそこに貼り付けてるんですが!
天体に乗って移動している感、星同士がお互い引力をもちながら、関係しながら、
壮大で正確なダイヤで宇宙を巡っている感覚…
巨きな視点をもらえました。ご縁に感謝です☆

宇宙のリズム、身体のリズム、人生のリズム、
今いる場所を感じながら、ブレずに今ここを生きれたらいいなって思いました。
--------------------

太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2012年10月23日(火)
旧暦 平成24年 9番目の月 / 長月 九夜

「地球、土星と開き、秋から冬への曲がり角、水・金・火・冥、4惑星が並んで崩れる、連続会合」


【今日の惑星配置】西暦 2012年10月23日(火)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=2012102
───────
霜降[そうこう]When Frosty
地心黄経210度 (日心黄経30度) 本日の9時14分です。
───────────

地球暦が二十四節気の一つ「霜降」をお知らせします。

「霜降」は、春分から210度経過した晩秋の半ばの地点です。
霜が降ると書く「霜降」は,、言葉の響き通り、冬が近づいている合図です。

稲刈りも終わり、秋野菜の植え付けも一段落し、実りの収穫を祝い祭りの時です。
人の交流も夏とは違い、心の交流が盛んになってきます。

地球号は土用という変化の風の中を通過しています。

移り変わる地球の気持ちと上手に付き合いながら、今は11月7日立冬に、向かって錨を下ろし、
舵取りしていきましょう。

「霜降」は一年を一日にたとえたときの、夜8時くらいにあたり、
家族団らんで食卓を囲み、一日の出来事を回想しているような時です。
今年の収穫に感謝し、来たる冬を迎えるための心づもりをしましょう。

地球暦に惑星ピンを挿している方は、コマを進め地球の節目を確認してみましょう

……………………
[土御門歳時記より]

旧九月(きゅうくがつ)の中気(ちゅうき)
始(はじ)めて霜(しも)降(ふ)る

……………………………………

[七十二侯]

■ 霜が降り始める
■ 小雨がしとしと降る
■ もみじや蔦が黄葉する

※七十二候は土地ごとに本来作られるものですので慣例を参考にして、
身近な季節の変化を、自分の環境に合わせて、季語で自由に表現してみましょう。

……………………………

──────────
Conjunction of Mars & Pluto【692.2日周期】
今日は、“火星と冥王星の結び” の日です。
次の“開き”は 2013年09月01日 です。
───────────────────────────────────

地球暦が、惑星会合の一つ、“火星と冥王星の結び”をお知らせします。

今日は第4軌道の火星と、第9軌道の冥王星が、
目出度く278度の方向で“結び”となりました。

真上の銀河中心方向にいる冥王星に対して、ぐんぐん上がってきた火星が重なりました。

火星と冥王星のコンビネーションは、行動に深い洞察と、熱意を与えてくれます。
どちらも男性的な印象の惑星同士で、冥王星に火花が散っているようです。

今日は、身体能力(火星)の限界(冥王星)を知るとともに、個人(火星)に備わっている
無限の創造性(冥王星)を信じて、チャレンジ(火星)しながら奇跡(冥王星)に繋げて
いきましょう。

2年周期のこのサイクルでは、大きく数ヶ月間この期間にあたります。

この火星と冥王星の結びのペアは、これから冬至の頃にかけて、水星と地球の
結びも重なり、(少し崩れはじめた)グランドクロスのタテの柱の頭となるため
どんどん存在感が強くなっていくようです。

────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。