スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄~命薬「ぬちぐすい」 

沖縄 ここは特別な土地でした。
旅した 産婆さんたち始め、ツアー一行のエネルギーとご縁で 身にしみいる充実した時間でした。
いのち とか お産というキーワードで、折々ご縁がつながりました。
ご縁といえば、部間権現を御参りしてからは、不思議に何処かしこで、お茶や惣菜が一人分多く出されたのも、権現様が着いてきているのかと思わされるほどで不思議でした。

本日の映画『玄牝』の準備までしての本州への登場前です。とても至福の中にいます。

まずは命の食。
沖縄ではこのような食を
命薬「ぬちぐすい」というのだそう。

神様に捧げるかのように、
命をいただいているのをカラダが思い出すかのように、
大切に作っていただいた食に出会いました。感謝。

ionca 尚美さんのおもてなし。


イオンカはアイヌ語で発酵という意味で、息子さんがつけてくれたのだそう。震災後に内地から沖縄に移住してきたファミリーのお店はとてもここちいい。ローフードのピザや甘酒始め、どれも最高でした!
ローのケーキは『わの舞』!スピンが沢山でした*


笑味の店のランチ。伝統的な作り方で頂ける場所。
長寿の源である、食そして畑にでるということをおばあたちの食事で感じられた。
なかなか食べられないというのに初回から頂けて、ラッキーな采配に感謝!


民宿てるや での朝ごはんは、初めて収穫したという自家製小麦を石臼で引いた小麦粉を使い、釜も手作りのパン!窯だけでなく、ハウスから庭からポストまで手作りの感動の空間でした。


こちらは がらまんじゃく。野草のエネルギーと、きよこさんの想いが一緒になっているスペシャルな御もてなし。沖縄の野草や滋養食を沢山つかった、古来の伝統的な食をいただいた。
心をきれいにすること、食べるということ、量、自然との関わり方など、心に触れる話と共に、言葉を超えた蘇る食事。

私だけでなく、何人も蘇りを体が経験した。きよこさん曰く、『体と命を守るために食事をいただく』が基本。「おいしいから」とか「おなかが空いたから」食べるという意識を変えないとね~と。とは言っても、その辺の次元にはないほどめちゃめちゃ美味しいのだ。
彼女は沖縄のジャンクな食に囲まれた若い世代の短くなる寿命に、一日でも早く食を正すことに舞進し、祈っている。感動したので、必ずまたきたいと思う。

耳をすますと
…人の子として生まれてきて、何をするかもう一度、自分で考えてごらん…
…こころをきれいに…
そんな子どもに話しかけるような声がおばあたちから聴こえてくるような旅でした。まずは食ばっかりのレポートでした。

スポンサーサイト

琉球の旅と私 

弥生七日。
沖縄の朝を迎えた。東北育ちの私には、植物も食べ物も人の顔も音楽も違いがあって、新たな地球の一面が鮮明に感じられる。この違和感を味わっている。
かねてから読みたかった沖縄新聞も始めて手にして読んだ。ケリー国務長官と首相の会談で杭を打たれたような辺野古移設の記事が並ぶ。深層の受け止め方は、本州とは温度差があるのを感じる。

旅と共に連れてきた、銀色夏生さん 冨田貴史さんの共著、『本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ』は、宝物の言葉によって織りなされている。今の私を通して読んで感じる感覚と共にいられる。
「晴れやかに生きていきたくない?いきたいよね」
二人の内なる声と共に明晰に発せられる沢山の言葉たちは、私の内なる声にも届く。読み終えた時の自分が楽しみ。

沖縄は、産婆さんたちと巡る。
どんな「今」が生まれるか、楽しみである。

なないろの空 



夏至が過ぎ、空の色がなんとも言えないうっとりする日が続きます。
雨は降ったりやんだり。

近所の台原森林公園のほたるの里では、ほたるをみる会が6月20日から30日まであるそう♪
よく通るので、明日は行こうかな!

週末、一年ぶりに去年1ヶ月滞在した、福島は飯舘村の農家レストラン、なないろの空へいってきたの!

家族には3人目の女の子が増えていました♪
お姉ちゃんになった2人は私のこと覚えていてくれていました☆早速、ぶらんこや、原っぱのレストランやさん遊びに、ひっぱられ(笑)遊びました。大人になって、こうして子どもと遊ぶのはいっぱい気づきがあるな!

土曜は石釜パンのランチ。心のこもった野菜とお米たち。その土地も農も、家族も想いも、知っているから、とっても嬉しく温かく、大安心。
笑顔で迎えてくれて、嬉しかった!一年って早いな、とお互い話しているうちに、また一緒に過ごした時の感覚が戻ってきて、家族のような感覚になりました☆

このような素敵なご縁にありがとう。
お友達のいろんな近況も聴けました☆
みんな美しい色、なないろに光ますように。

10月10日(土)~秋の遠足~ みんなで歩こう 国分寺! 

7generationswalkが終わり5ヶ月が経ちました。
2010年のwalkに向けて、もう動き出しているようですよ~わくわく♪

2009年10月10日(土)ミニウォーク&イベントがありますので、紹介です。
自然に触れて、大地の上を歩く時間、日常をちょっと離れて自分に還る時間をシェアしてみませんか?くり抜きハート1
歩くというのは、大切ななにかと繋がる時間になる気がします♪


以下転載可↓
∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞

    7 generations walk 企画

 ~秋の遠足~ みんなで歩こう 国分寺!
∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞◆∞



国分寺には国分寺崖線といわれる太古の地形が残っています。
これは多摩川が10万年以上の歳月をかけて武蔵野台地を削り取ってできた段丘で、その周辺には樹林や湧水などが多く残り、たくさんの生き物にとって、とても暮らしやすい空間になっています。
史跡も多く、先祖からめんめんと続く、人の歩みを感じずにはいられません。

今回は全長約7キロを約4時間かけてゆったり歩きます。
途中、湧き水を汲んで飲んだり、遺跡を訪ねたり、大きな木をみたり、

綺麗な川の横を歩いたり、とにかく気持ちの良いコースを選びました。
東京の自然を再発見して、気持ちよい時間を一緒にすごしましょう。




【日時】 2009年10月10日(土)

 13:00~ 国分寺ミニウォーク
 18:00~ カフェスローでお茶のみトーク
 20:00~ 懇談会


【国分寺ミニウォーク】

13:00 JR国分寺駅改札口(ひとつだけです)に集合
  ※ 参加費はお気持ちでお願いします(縄文式)
  ※ ミニウォークの定員は30名です。(予約制・先着順で締め切らせていただきます。)
こちらのメールアドレスに「お名前・人数・連絡先」をお知らせ下さい。
7gwalk@rv.main.jp
(7 generations walk代表山田宛)
☆コース順☆
国分寺駅北口→国分寺中央公園→姿見の池→西国分寺駅
→史跡通り→伝鎌倉街道→武蔵国分尼寺跡→武蔵国分寺跡→国分寺
→万葉植物園→薬師堂→竪穴式住居跡→お鷹の道散策道→真姿の池湧水郡
→お鷹の道散策道→カフェスロー



【カフェスロートーク】


17:30 開場 18:00 開始
  ※ 参加費 1000円(1ドリンク付)+縄文式
  ※ カフェスロートークの定員は60名です。(予約制・先着順で締め切らせていただきます。)
こちらのメールアドレスに「お名前・人数・連絡先」をお知らせ下さい。
7gwalk@rv.main.jp

(7 generations walk代表山田俊尚宛)


 3月~5月に行われた7generations walkでの美しい虹の写真などのスライドショーを見ていただきながら、
 みんなで持続可能な未来社会の価値観を考えるトークです。
 「持続可能」が大切ですから、楽しくやりましょう♪

【懇談会】

 20:00~ オーダー各自

 みんなで美味しいごはんを食べながらワイワイしましょう。
 持続可能な未来を考える皆の、良い交流の場になれば幸いです。
 7generations walkの実践的でポジティブな感じを共有できたらうれしいです。


◆企画7 generations walk
http://www.7gwalk.org/

◆お問い合わせ
山田俊尚 
7gwalk@rv.main.jp


カフェスロー〒185-0022
東京都国分寺市東元町2-20-10
(JR国分寺駅南口より徒歩5分)
TEL : 042-401-8505 042-401-8505
FAX : 042-401-8503
E-mail : cafeslow@h4.dion.ne.jp

土鍋カフェ楽ちゃん 

6月13日。

滋賀の琵琶湖のちかくに土鍋カフェ楽ちゃんがあります☆

そこのやっちゃんとの出会いはウォーク☆やっちゃん、おもろいし、インスピレーションを与えてくれました☆

土鍋でつくったご飯、おかずの数々、あぁおいしかったなぁ。作ってくれたひろこさんの料理、どれも美味しかった♪煮る炊く蒸す炒るオーブンも土鍋で。
土からの恵みを土で作られたもので調理するって、何かうん、うん、いい感じ。
1泊2日で、京都やら関東やらから、色んな家族や女の子が集まり、合宿をしました。
ブンブン通信No.1
重ちゃんの器
祝島のこと
発酵
庭の畑
石をおく
日本ミツバチがいた
テーマはあれ何だっけ!?
まあ、色んなことを感じた時間です。

石をおく、という発想にびびっときたひとが多かったの。
お庭の草もなかったところに石をおく。すると石を置いたところに新しい環境が生まれる。虫がやって来て、植物もそこに育つ環境になって…やっちゃんちではそうして庭に畑を作ってました♪

石をおく発想は、四万十川のストーリーからきてるんだって。
四万十川で川岸整備のために川底が平らになって石がなくなっていた場所は、水流が単純で早くなって、小さな生き物も草たちもいなくなっていた。
そこに石をおいていったひとがいて、そうしたら生き物がまたすむようになり、植物がはえ、水がきれいになってきたというストーリー。

川原で石投げしながら、私たちも自然とつながれるかもしれないね~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。